CA–San Gabriel Valley ソロ・キャンプ 1/2

ロサンゼルス近辺でソロキャンプをすることにしました。場所はロサンゼルスの遠方に高い山脈です。冬になると山の頂に雪が積もっており遠くから眺めると何が一体あるのだろうと考えてしまう山々です。今回はその山の上へ探検に出かけました。

道程

行き方はパサデナからルート210番を通りアズサでルート39番を北上します。

思ったより緑豊か

行って見ると山から流れてくる水をせき止めてダムが作られています。

かなり奥行きが広くて長い谷です。綺麗な自然です。

谷の底は水流があるためか緑が豊かです。

ロサンゼルス周辺でよく見かけるサボテン類のユッカの花です。

しばらく登ってゆくとだんだんと草木が低くなり枯れた風景が広がってきます。

後ろを振り向くとこんな風景になっています。

峠のカフェ

さらにもっと登ってゆくと植生が変わって杉の木のような高い木が生えています。

その木々の間にこの山の名物のカフェがあります。登山客に人気のオーナーがいるカフェ兼レストラン兼雑貨屋さんがあります。

そこのテーブルで持ってきたお弁当を食べます。ベーグルとサラダとオレンジとコーヒー。このお店で食べれば良かったのかもしれませんが腐らせたくなくて申し訳ありません。それでもOKだと言われたので代わりに小さなものを買いました。

このお店は登山客の人気のお店らしく、隣にいた男性がこの辺の地理を説明してくれました。ハイキングやサイクリングを楽しめる山道がたくさんあるのだそうです。

一応山頂付近に行ったので引き返します。

キャンプ場

道を下ってゆくとキャンプ場がありました。

近くには小川が流れていて素敵な場所です。

歩いて回ると何人かの人がキャンプをしていました。

Camp Site

 

私のキャンプサイト

私が選んだ場所はここです。早めにいったので場所は選び放題でした。

Camp Site

Camp Site

場所を決めた後は周りを歩き回ります。

 

食事の支度

水道水は簡素なこの設備です。多分飲み水にはしない方が良いのではないかと思います。しかし洗い物をするにはとても役に立ち便利です。

私が持ってきた食料はこれだけです。もう少し食材を持ってくるべきだったと反省しました。

チキンは出る前にカチカチに凍った冷凍状態でしたのでこの時もまだかなり冷たくて硬かったです。調味料を振りかけてカストアイロンのフライパンで焼きます。

フライパンの蓋があるととても便利です。

車中泊の支度

私はテントを使わず車の中で車中泊をします。そのため窓ガラスを内側から塞いで目隠しするために作ったものがこれです。段ボールを窓の型に切り取り片面を黒いペンキで塗りました。

塞いだ段ボールを取るために一角にリボンをつけています。このリボンを内側から引っ張ると取り外しができます。

寝るためのベッドは長く伸びた荷台部分にマットレスとメキシカンカーペットそして寝袋を重ねて利用します。

後編:CA–San Gabriel Valley ソロ・キャンプ 2/2

にほんブログ村 キャンピングカー
にほんブログ村 車中泊の旅
にほんブログ村 アメリカ情報
一人旅ランキング
車中泊ランキング
アメリカ旅行ランキング
海外ニュースランキング
トレンドニュースランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする