[米横断05] CO_絶景渓谷ドライブ

旅行5日目、[D04] ユタ州岩山ドライブの続きです。

Grand Junction の朝

Grand Junction は標高が高いためか体感温度が良く、快適に寝ることができました。
8月でこの快適さでしたらこの辺り一帯の住み心地は快適なのではないでしょうか?
朝5時頃に起きて車内のかたずけをした後 Planet Fitness へ向かいました。

Planet Fitness 二回目

昨夜も来たのにまた朝も Planet Fitness に来ました。はぁ~快適です。(*´Д`)

ここは24時間営業です。しかし朝が早いためかまだ人があまりいません。

お気に入りのマッサージ椅子。月額20ドルのブラックメンバーなら無料で使えます。

昨日は気が付かなかったのですが、タオルがあります。

朝食

きゅうりとバナナとコーヒーです。簡単にしました。

Grand Junction ではドライブして町の様子を見ただけです。水と緑が豊かな町という印象です。特に何もしていないのですが、先を急いでいるので仕方がありません。 Planet Fitness でシャワーを浴び、ブログを更新しただけです。

Walmart で買い物

フリーウェイに行く途中で Walmart を発見。氷が欲しいので寄りました。

格安に氷を手に入れる方法はファーストフード店で一番安いメニューを注文し、ついでに氷を水筒に入れることです。

これらはどちらも一ドルメニューです。ソーセージマフィンとタコス。

Grand Junction のシンボル

昨日は曇っていましたが今日の朝は晴天。フリーウェイからこの崖山がくっきり見えます。Grand Junction のシンボルらしく町の情報を探している時に載っていました。

この崖山のふもとも昨日気が付いた浸食の形が綺麗に残った面白い形をしています。

真っ赤に濁った川

ドライブしていると川の色が変わって来ました。最初は濁り水だったのですが、段々と真っ赤になって来たのです。とても気になったのでフリーウェイを降りて田舎道に入りました。

その真っ赤な川はこちら。きっとユタ州のこの地域の赤い山を昨夜の雨が流し、土砂が川に流れこんでこんな色になったのだと思います。赤い土は鉄分が含まれているそうです。

田舎道でお昼の休息

快適ドライブ

確かこの日の朝か昨日からですが、ドライブしながらネットが使えることを発見。ボブ・ウェルスがインターステイツの沿線ではネットが使えると言っていたのを思い出しました。しかし比較して確かめたわけではないのですが、コロラド州が最初のような気がします。それともコロラド州に来て初めて気が付いたのか。。。

そこでユーチューブのラジオ番組系を耳にイヤフォンを付けて聞きながらドライブ。

顔と足に一番弱い冷房がくるようにし、助手席に置いた扇風機が体にそよ風のような心地よい風を送ります。これだと自宅の机の前にいるのと変わらない快適さで運転できます。

目の前はコロラド州の谷間の絶景。かなり快適なドライブでした。

谷間の絶景が終わった後は高原の平地風の風景が続きました。

疲れて休息

疲れたので山間の田舎道で休息。こんな田舎道でもネットが通じます。コロラド州最高です。景色も良し、ネットも良し、コロラド州の悪いイメージは沸いてきません。

事故で渋滞

ところが休息の後いざ運転を再開するとまた渋滞に遭遇。事故らしかったです。

アメリカのスイス?

その後もコロラド州のドライブが継続。御覧のような絶景が続きます。

デンバーに到着

デンバーに到着してまずしたことは Planet Fitness の場所を確認。同じモールの敷地にあったファーストフード店で食事をしてブログを更新しようとしたのですが、コンセントがどこにのありません。古い店のようでPCを使うお客さんに対応していなかったようです。

後でスターバックスに移動して写真整理等をしました。

Planet Fitness のカードを紛失

スターバックスは閉店までいました。その後 Planet Fitness へ向かったのですが、気が付くとPlanet Fitness の会員カードが見つかりません!その夜 Planet Fitness へ行こうと思ったのですがそれは取り止め。この日の朝も Planet Fitness へ行ってたのでそれは良いとします。しかしカードが無かったらどうしようと考えたり、夜中に目が覚めて車の中を探したり、お金をまた払わなければならないのかと考えたりと悶々として夜を過ごしました。

走行距離、燃費

この日の走行距離は 257 mile, 燃費は 33.15MPG 。

走行距離的には効率がよくありませんでたが、ドライブ中に見える風景は最高でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする