車住族07:紹介 (Astro Van)

この車の持ち主は60歳代の女性でサウスカロライナ州出身の人です。乗っている車は Chevy の Astro Van を改良したキャンピングカーです。2017年12月から車住生活を始めたそうです。きっかけはユーチューブの動画。(多いのです!流行っているのです。)

車住族06:車種の紹介 1/3 (大型車)

キャンピングカーについて何となく見て知っているだけでそれらの詳しい区別ができない人が多いと思います。そこでアメリカのキャンピングカーについて基本的な説明をします。キャンピングカーにはメーカーが最初からキャンピングカーとして売っているものと自分で改造してキャンピングカーとして使っているものがあります。

AZ–Lake Havasu 5/5 パーカーダム

今日はロサンゼルスに帰る日です。どの道を通っても大体同じ距離なので来た時とは全く別の道を通ることにしました。ルート95を南下し、ルート62を西方へ行きます。全て合わせての距離は約300マイルです。

AZ–Lake Havasu 4/5 オートマン

オートマンの町の看板です。ペンキがはがれて年季が入っています。この町の名物は自由に歩き回る野生のロバ達です。頭に張っているステッカーには頭をたたかないでと書いています。小さな町が西部劇のままの雰囲気を残して観光客を呼んでいるのです。

AZ–Lake Havasu 3/5 キャンプ場

レイクハバスシティーを見た後は今夜キャンプする場所を決めることです。早めに決めておいて遅くついた時にすぐ自分の場所がわかるようにした方が安全です。レイクハバスシティーのすぐ近くには3か所無料で駐車することができる場所があります。その中から選びます。

AZ–Lake Havasu 1/5 道に迷うハバス湖

私がロサンゼルスを出たのがお昼の12時になります。実は家を出たのが朝の9時頃だったのですが3時間の時間の無駄をしたからです。理由はフリーウェイで交通事故に遭遇し渋滞に巻き込まれてからです。事故の深刻さを認識して逃げ出すのが遅すぎたという失態もあります。

車住族05:RTR 2018:感想

アメリカの格差社会の広がりとともに少ない収入で生活してゆくのが困難になった人たちがたくさんいます。その人たちがユーチューブで自動車生活をしている人たちに触発されて家を売り、アパートを引き払い、車をキャンピングカーに改造して、アメリカ放浪旅行に出る人たちが増えているのです。家賃を払わず、自分の収入で困らない生活をして人生を楽しもう。という考えかたです。

車住族04:RTR 2018:Day3

--- ボブ・ウェルスに挨拶 ---12時を過ぎ帰る時間が差し迫っていたので最後にボブに一言挨拶をしたいと思い探しました。するとユーチューブに載せるための動画を取っていました。彼の動画は大体10数分ですから二回分まとめて取っていたようです。向こう側にいる女性の紹介とインタビュー。そして彼女のカーキャンプのやり方の紹介です。車の中の人がカメラを持って撮影しています。

車住族03:RTR 2018:Day2B

--- RTR の参加者たち --- この日の午後はRTRの会場をあちこち回ってお話しした参加者達です。広い会場のあちこちに行ったので私の姿は良く目についたようです。後で「あなたはいたるところにいたね」と言われました。(笑)実は滞在時間が最後の週末の数日間だけだったのでできるだけ歩き回っていろいろ見たかっただけです。

車住族02:RTR 2018:Day2A

RTR二日目の朝、朝食の準備。お湯を沸かしています。社内で火を使う時はこのSOTO G Stove 使います。あまり大げさでないのが好き。外で料理する時は普通のシングルブタンバーナーを使います。このサラダとドレッシングは昨日出発する前に作って持ってきたものです。

車住族01:RTR 2018:Day1

私は夜中の12時頃に家を出て東へ向かいました。遅くなった理由は出発の準備、車の掃除等した後、まだまだ眠れなさそうだったからです。このまま寝ようとベッドの上で頑張るより、寝たくなるまでドライブする方が良いと思ったからです。