車中泊料理03:南欧風炊き込み飯

炊飯器で作るお気軽な南欧風炊き込みご飯です。

旅料理シリーズの条件

  1. 車中泊・キャンプ時に作る1-2食分の料理
  2. 車中泊・キャンプ用の調理器具を使用
  3. 調理用食材も持ち運びしやすい、保存しやすいものだけ
  4. なるべく少量で買うことができる食材だけ
  5. 時間がかからなくて簡単にできるもの

キャンプ先で毎回できませんので自宅で作ったものが多くなります。
実は車中泊・キャンプでの料理レパートリーを増やすための研究実験。

本日の材料

  1. 米 半合 (米80g、水120g)
  2. トマト 半分
  3. さやいんげん 数本
  4. 塩、コショウ 少々
  5. オールシーズニング 少々
  6. バター 小匙 1

下準備

トマトを切ります。

さやいんげんを切ります。
トマトの赤とさやいんげんの緑で良い感じ。

下準備はこれだけです。簡単。簡単。

お米を投入

お米は既に研いで、水もたっぷり含まれたもの。

このようにプラスチックのボトルに米を入れ水を入れ、ボトルを振って水を出しを3回繰り返せば水を少量しか使わずに、かつ手も濡らさずに米を洗うことができます。プラスチックボトルは既に計量をしてここまでが半合、半合の場合の水はここまでと印をつけて覚えていると便利です。水を切る時に米が一緒に出ることがありますので水を切る時はいつも受け皿に一旦入れて水を捨てています。

米を内窯に入れます。

トマトの水分が多いので、大匙二杯分の水を取り除きます。

水が少なくなりました。

他の材料を投入

他の材料はトマトとさやいんげんを切ったものだけ。

トマトを入れます。

さやいんげんを入れます。

調味料を投入

ここで塩、コショウをパラパラと振りかけます。

次にオールシーズングをパラパラと振りかけます。
やはり南欧風ですから異国風の調味料を入れるのがそれらしいかも。。。

全て入れ終わりました。

炊飯器に入れる

材料を程よくかき混ぜます。

炊飯器に設置します。

スイッチオン!

途中で思い出してバターを投入。

パエリアはお米を油で炒めますよね。その過程をバターで代用。
写真がピンぼけでした。失敗。

炊飯完了

注意をしていなかったので炊飯がいつ終わったのかわかりません。
炊き終わっていることに気が付いた時は25分後でした。

蓋を開けてみるとこんな感じに出来上がっています。

ところでこの炊飯器は蓋にかなりの量の水蒸気が溜まっています。

ご飯をかき混ぜます。美味しそうです。

出来上がり

お皿にご飯をつぎます。

ゴマをかけたらさらに美味しそうです。

召し上がれ

右下のチキン手羽先はアメリカ中どこでも売っています。

感想

かなり素朴な味です。トマトを炊き込むと独特な味が出ます。
これで「南欧風」というと違うと思う人がいましたらすいません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする