車中泊料理04:炊飯器レトルトカレー

炊飯器を使った究極の怠惰カレー料理。

旅料理シリーズの条件

  1. 車中泊・キャンプ時に作る1-2食分の料理
  2. 車中泊・キャンプ用の調理器具を使用
  3. 調理用食材も持ち運びしやすい、保存しやすいものだけ
  4. なるべく少量で買うことができる食材だけ
  5. 時間がかからなくて簡単にできるもの

キャンプ先で毎回できませんので自宅で作ったものが多くなります。
実は車中泊・キャンプでの料理レパートリーを増やすための研究実験。

本日の材料

  1. 米 半合 (米80g、水120g)
  2. ブロッコリー 適宜
  3. レトルトカレー

下準備

ブロッコリーを切る。縦半分に切り、煮やすくします。

三本用意していたのですが、二本だけで十分な感じです。

米を内窯に入れる

米は既に研いであり、水を十分に吸ったものです。

内窯に入れました。

レトルトカレー

この実験のためにわざわざ買ってきました。

内窯に入れる。

レトルトカレー:ちょっとお邪魔しますよ。よっこらしょ。

米:えっ?そんな?窮屈じゃないですか。

レトルトカレー:袋はちゃんと洗いましたし、
入れと言われましたのでお邪魔させていただきます。

米:うっぷっぷ。押しつぶされそう。

レトルトカレー:せまいなぁ。あちこち端の置き場にこまる。

ブロッコリー:すいませんが。皆さまの上にお邪魔させていただきますよ。

米、レトルトカレー:ひぇ~、

記念撮影:パチリ

ブロッコリー:私だけ目立ってすいませんね。

上は冗談です。

炊飯器をセット

スイッチを入れる前の状態。

スイッチオン!

出来上がり

出来上がるのに26分かかりました。レトルトカレーの分量が多いからだと思います。

蓋を開けてみる。

炊飯器から取り出す

まずブロッコリーを取り出します。

次にレトルトカレーを取り出す。

お米はレトルトカレーが置いてあった部分が凹んでいます。

しかし混ぜてしまえば同じこと。

お皿につぎます。

レトルトカレーの裏に米粒がたくさんついていました。

盛りつけ

レトルトカレーはかなりの量がありますね。
お皿が小さすぎました。それともブロッコリーは別の皿にしてもよかったかも。

感想

全部を一回で片付けてしまおうという究極の怠惰料理です。
こんなこともしようとすれば可能だということを証明します。大げさ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする