車中泊料理22:一人鍋_焼きそば

一人鍋二代目で焼きうどんを作ることができましたので次は焼きそばを作ってみました。

車中泊料理シリーズの条件

  1. 車中泊・キャンプ時に作る1-2食分の料理
  2. 車中泊・キャンプ用の調理器具を使用
  3. 調理用食材も持ち運びしやすい、保存しやすいものだけ
  4. なるべく少量で買うことができる食材だけ
  5. 時間がかからなくて簡単にできるもの

キャンプ先で毎回できませんので自宅で作ったものが多くなります。
実は車中泊・キャンプでの料理レパートリーを増やすための研究実験。

焼きそばの材料

焼きそば:一食分(ソース付き)
ベーコン:50g
白菜: 大一個
青ネギ:一本
塩、コショウ:少々

鍋にベーコンを入れる

ベーコンは油が多いですが、少し鍋に油をひいているとベーコンが底につきにくいです。

ベーコンは二本を冷凍していたもので小さく切っています。

蓋をしていると油が飛び散りません。この鍋は底が深いのでさらに安全です。

このベーコンは油の量がすごいです。

キッチンタオルで油の半分以上を取り去ります。

油の量が少なくなりました。

キャベツを入れる

キャベツはあらかじめ切っていたものです。

塩とコショウを入れてます。

軽く炒めます。

焼きそばを入れる

焼きそば一人分をキャベツの上に置きます。

付属して来た焼きそばソースを振りかけます。(ふりかけ方が雑でした)

蓋をして材料を蒸す

水をかける人がいますがキャベツの水分が出てきますので水分は十分にあります。

青ネギを切る

待っている間に青ネギを切ります。

笹切りにした方が焼きそばには合うと思います。

麺がほぐれたら材料を混ぜる

蓋をしてむしたので材料がほぐれます。

麺をひっくり返します。

追加して蒸したあと材料をほぐしながら混ぜます。

青ネギを入れる

最後に混ぜる時に青ネギを入れます。

こうすると青ネギの色が変わらなくてシャリシャリ感も残ります。

出来上がりです

このまま鍋から食べることもできますが、、、

しかしお皿に盛りつけた方がお上品です。

感想

焼きそばはいつも8インチスキレットを使って車外で作っていました。理由は車内で使う調理器は小さすぎて焼きそばを作ることができなかったからです。

しかしこの新しい1.3倍分ぐらいの大きさのある一人鍋では焼きそばも焼きうどんも作れてしまいます。これでは8インチスキレットの出番が無くなりそうです。8インチスキレットは大好きな調理器具なのに出番が無くなるとは困った。どうしましょう。

旅行に出ると全食自分でつくるのではなくたまには外食もしてみたいですよね。そうなると「必要」「欲しい」「あったら便利」の段階で所持品をもう一度考えてみる必要がありそうです。日常に特に必要なくたまにしか使わないであろうものや他のもので代用できるものは持たない方が身軽で便利です。

終り

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする