DNA検査19:日本人のDNA 02

DNA 検査を受けた結果を発表します。と言っても私の母のDNAなのですが。。。

検査キットを購入

普通は99ドルの所が感謝祭のセールで69ドルになっていましたのでこれを利用して購入。健康面などの検査をしたければ倍の値段になりますが、興味がないので安い方にしました。

検査キットはすぐに届きました。その後にしなければならないことは23andMe のサイトにメールアドレスとこの検査キットの固有番号を登録します。

唾液を採取郵送

11月に身内の不幸があって帰国した際に母の唾液を検査キットに入れてもらい封印。アメリカに帰り着いた後23andMe へ郵送しました。キットが送られて来た箱に郵便住所が書かれているのでその箱をそのまま送り返すだけです。

なぜ自分のDNAにしなくて母なのかと言われれば母と私と大差ないと思ったことと年齢が上の人のDNAの方が貴重に思えたからです。どちらにしてもこんなものに興味を持つのは私ぐらいなので自分より母のDNAを調べる方が良いと思ったのです。

結果が届く

結果ですが普通は6週間ぐらいかかると聞いていたのですが、わずか3週間で結果が届きました。メールで知らせが来た後 23andMe のサイトにアクセスして結果を見るだけです。

結果発表

99.9%日本人でした。0.1% 広義の東アジア人とアメリカ先住民でした。

0.1% 広義の東アジア人とアメリカ先住民というのはアメリカ先住民の祖先がいたという訳ではなくて共通のDNAを持っているということだと思います。

九州なので韓国人とか中国人とかが出て来るかと思ったのですがあまりにも単純で拍子外れでした。

確実性レベルの調整

ところが下の方に面白いものを発見。
検査結果の確実度を50%から90%に替えるとちょっと違った結果が出てきました。

60% までは全く同じなのです。

広義の東アジア人とアメリカ先住民広義の日本人&韓国人という数字が増えて行きます。

80%確実性レベルでは広義の東アジア人とアメリカ先住民0.7%と広義の日本人&韓国人0.7%という数字になりました。

90%確実性レベルでは広義の東アジア人とアメリカ先住民1.8%と広義の日本人&韓国人7.3%という数字になりました。これは日本人と韓国人に共通する遺伝子があるということだと思います。日本人と韓国人は例えば日本人とインド人に比べてどう見ても似ていますから両方に共通の遺伝子があるのだと思います。

広義の日本人&韓国人という表現は昨年までは見たことが無いように思います。DNA検査をする人が増えてデータが揃ってきたので精度が上りこのような書き方になったのでしょうか?

日本人99.9%というのも今まで見た中では一番高い数字です。

母系ハプログループ

母系ハプログループはB4a1c1 でした。これは母方の祖母の女系子孫は全員同じです。

このハプログループは縄文時代から日本に住み着いていたハプログループでオーストロネシアン語族に多く見られます。太平洋諸島やアメリカ先住民の多くがこの系統のハプログループを持っています。

古代の海洋冒険民族オーストロネシアン大好きなのでとても嬉しいです。

日本での分布で「東京と宮崎に多い」と書かれていたところを読んで茶を吹き出しそうになりました。「宮崎の原住民かよと。。」なぜここで宮崎が出てくる!

wiki の脚注を読むとたまたま研究者の人が宮崎県で研究していたようです。他の県と比べないでどうしてそんなことが言えると思いました。他の県に比べてどれだけの割合で多いのか知りたいです。

宮崎は台湾に近いですから台湾のオーストロネシアンと交流があったかもしれません。

母系ハプログループの移動経路は23andMe でこのように書かれていました。

23andMe の検査を受けた人の中では珍しいハプログループだそうです。7700人に一人しかいないそうです。

23andMe の中では珍しいと言いつつも日本では9.1%。約1000万人いることになります。1000万人もいるならそんなに珍しくも無いですね。

DNAの親戚

23andMe のテストを受けた人の中でDNAに共通する人達が330人いました。内訳は以下の通り。韓国人、中国人、満州人、モンゴル人なら理解できますが、イギリス人、アイルランド人、フランス人、スカンジナビア人とか出て来ています。なぜヨーロッパ人とつながっているのか想像がつかないのですが混血の方達なのでしょうか?

ネアンデルタール人

最後にネアンデルタール人なのですが、ネアンデルタール人は白人の一部とミックスしているようですがアジア人にも少しは入っているのですね。

Wiki の記載では母系ハプログループが「ヨーロッパの白人の母系などと祖を同じくする「N」型から分岐した系統にあたる」と書かれていますのでこの辺りが影響をしているかもしれません。

感想

こうなってくると父系ハプログループが気になってきます。母のDNAより弟のDNAを検査すれば良かったかなとちょっと後悔。すると一回で全部検査できました。

好奇心の一部は満足できましたがもう一度69ドル出して父系ハプログループを検査するかこれだけで満足するか微妙なところです。

終り

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする