AZ–Lake Havasu 2/5 ハバス湖市

昨日は一日ドライブばかりで無駄にしたので今日は有意義に過ごさなければなりません。まずハバスシティの観光。そしてキャンプ地を探す。最後に近くにある西部劇の町オートマンに行くことです。

朝食とモール散策

朝8時ごろ目が覚める。車内で簡単な朝食を取る。昨日作って来たサラダとフルーツとベーグル。コーヒーはインスタントのフィルターコーヒーこの便利さは最高。

私が昨日泊まったのはウォールマートの駐車場。お店の中に入ってみる。私はLAではほとんどウォールマートで買い物をすることがないので良く知らなかったのですが、ここはお生鮮食料品もたくさんあり、普通のスーパーと変わらないのですね。

今夜は焼き肉をしようと思い、牛肉を買う。他にアボカドとマンゴを一個ずつ買う。冷蔵庫があるので多分夜までは大丈夫と思います。

このモールの一角にはボートなどを売るお店もあります。ハバス湖は夏は水上スポーツを楽しむ人達がたくさん集まってくる保養地なのです。

市内のガソリンの値段を見てがっかり

ガソリンスタンドがありました。そこに掲示されているガソリンの値段をみてかなり落ち込、みました。昨日隣街で4.2ドルでガソリンを買ったのにここでは2ドル台前半の値段。約2倍の差があります。昨日買ったのと同じ量で計算すると約14ドルも高くガソリン代を払ったことになります。がく~ん。落胆。

ハバスシティ名物のロンドンブリッジ

さてこのレイクハバスシティーのもう一つの見どころはロンドンブリッジです。ロンドンブリッジとはこの町の名物なのですが、実は50年前にはロンドンにかかっていた本物の橋なのです。ロンドンの橋を建て替えるに当たり、廃物となる石橋をアメリカの不動産開発業者が全て買い取り、アメリカに輸送。元の橋をハバスシティで完全に再構築したものです。かかった費用が全部で10億円ぐらいだったようです。

中心部を車を運転しながらぐるぐると回ってやっと見つけました。橋の前にはイギリス国旗、アメリカ国旗、そしてアリゾナの州旗が掲げられています。その向こうにあるのがロンドンブリッジ。この道をまっすぐ運転してゆくと橋を渡ることになります。

ここはロンドンブリッジの橋の上です。橋の下は人工水路になっています。

ハバス湖の水上スポーツ

Havasu Lake City

橋の上を通っている道路がどこまで続いているのか興味がありドライブしていったところたどり着いたのがここです。崖の上から湖を見下ろすことができます。

湖の上では水上ボートレースを楽しんでいる人たちがいます。この地点に約20分程滞在。

ロンドンブリッジ公園

その後市内に戻るとやっとロンドンブリッジの下に広がっている公園を見つけました。

ロンドンブリッジの下から撮った写真です。この地点からは良い写真が撮れます。

市の中心部で観光スポットです。橋の上から見えた三つの旗が下からも見えます。

この公園には当然たくさんのお土産屋さんやレストランがあります。

お店の飾りも夏の保養地らしくボート関連でう。

格安ボートで遠征

歩いているとわずか2ドルでボートに乗る行列があります。2ドルなら失うものは何もありません。さっそく2ドルを払ってチケットを購入。ボートに乗り込みました。湾内の運河を回るのだと思ったのです。

するとなんと湾外から湖に出てゆくのです。びっくりしました。でもこれで2ドルだとは安い!今は冬だから安いのかな、夏だと5ドルか10ドルぐらいの料金になるのかなと考えていました。

すると行き着いたのがなんとカジノ!はぁ~、カジノで儲けるから2ドルでも元が取れるのだと理解。ラスベガスのホテルが非常に安いのはカジノがあるからなのです。そういえば船に乗る時これは往復料金で、一時間に一度往復しているので好きなだけ長居してもいいよと言われたのを思い出しました。

カジノには興味がないのですが一応見学だけはすることにします。でも写真を撮るのは厳禁だと言われました。同じ船で帰るとすると10分だけ自由時間があります。

カジノの中に入ってぐるっと見て回ること3分間。その後すぐ船に戻りました。

船に戻って二階の席に座ります。良い天気です。周りを見回します。するとはっと気が付いたのです。もしかしてここは昨夜私が迷ってたどり着いたハバスのカリフォルニアの対岸ではないですか!!! 一人でかなり笑ってしまいました。

カリフォルニア側のハバスシティーはカジノがある場所だったのです。(爆笑)
チャンチャン!

続き: AZ–Lake Havasu ハバス湖 3/5

にほんブログ村 キャンピングカー
にほんブログ村 車中泊の旅
にほんブログ村 アメリカ情報
一人旅ランキング
車中泊ランキング
アメリカ旅行ランキング
海外ニュースランキング
トレンドニュースランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする