車中泊料理07:茄子とツナのラザニア

ロッジのスキレットで作る茄子とツナのラザニア

旅料理シリーズの条件

  1. 車中泊・キャンプ時に作る1-2食分の料理
  2. 車中泊・キャンプ用の調理器具を使用
  3. 調理用食材も持ち運びしやすい、保存しやすいものだけ
  4. なるべく少量で買うことができる食材だけ
  5. 時間がかからなくて簡単にできるもの

キャンプ先で毎回できませんので自宅で作ったものが多くなります。
実は車中泊・キャンプでの料理レパートリーを増やすための研究実験。

材料

  1. 茄子 1本
  2. ツナ 70g
  3. パプリカ赤・緑 少々
  4. パスタソース 大匙3
  5. チーズ 35g

実は古くなりそうな茄子と長い間冷凍庫にあったツナ半缶を使い切ってしまいたかったからという理由で作り始めました。しかしこの時点では和風にするか洋風にするか全く決まっておらず。ご飯まで炊いていました。

下準備

茄子を切ります。

既に種が目立つようになっています。

皮側に包丁で切れ目を入れます。

パプリカを切る。

準備したものを全部使うと多そうだと思い半分だけ切りました。

ツナはこの缶詰の半分の量です。冷凍庫で凍っていました。

茄子を焼く

スキレットに油をひきます。

茄子を並べます。

蓋をします。蓋をすると油が飛び散らず、かつ水分も逃がしません。

蓋を開けて裏返してみると良い感じに焼けています。

反対にしてさらに蓋をしてやきます。

茄子がしんなりとしてきました。

ここでパプリカを投入。しばらく蓋をして焼きます。

パプリカがある程度しんなりとしたあとツナを投入します。

調味料を入れる

簡単にパスタソースを大匙三杯入れます。

パスタソースを全体にいきわたるように混ぜます。

さらに蓋をして煮ます。

良く煮えた状態です。

チーズを入れる

チーズを30グラム。残りを出さないように袋の中身を全部入れました。

スキレットの上に置きます。

蓋をしてしばらく煮ます。

出来上がりです。

記念撮影

記念撮影です。

チーズがたっぷりです。

タバスコをかけても美味しいです。

中東風パン

実はご飯も炊いていたのですが、ラザニアとは合わないと思うので中東風パンを添えました。

感想

ツナの魚臭さが無く、とても美味しかったです。
スキレットを使うと簡単に豪華な雰囲気の料理ができます。

スキレットの蓋

スキレットを使う時蓋があるとオーブン風にも使え料理の幅が広がります。
蓋はガラスの方が中身が見えて良いです。
また蓋があると料理の時の油や水分調味料が飛び散らなくて周りが汚れません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 晴れ旅 より:

    ナスとトマトは最高の組み合わせですね!
    チーズたっぷりで美味しそう
    中東パンもツボです♪

    スキレット大好きなのですが
    片付けを簡単にしたいので(笑)
    荒っぽい調理をしない場合は
    ホームセンターで500円ぐらいで買った
    琺瑯コーティングの物を愛用しています

    • kirohan より:

      コメントありがとうございます。
      スキレットの後片付けですが簡単ですよ。

      スキレットがある程度温度が低くなった後水を少量入れます。しばらく待った後、火をつけキッチンタオルを半分ぐらいスキレットの中に入れます。そしてステンレスのへらでこすり大まかな汚れをキッチンタオルに絡ませて取り除きます。この時点で汚れの70%ぐらい落ちます。

      次にまた少量の水を入れて残りのキッチンタオルを入れ汚れの95%ぐらい取ります。その後水であらうと完璧に綺麗になります。この方法だと洗うのが全く負担ではないです。