CA_SLO 04 野生のゾウアザラシ

ハーストキャッスルの見学が終わった頃は既に午後1時頃でした。

昼食

ハーストキャッスルから出てすぐのところに公園がありました。広い駐車場があり、ピクニックテーブルがあり、海岸には降りてゆくことができ、広い砂浜があり、そして長く海に突き出た桟橋があります。素晴らしい海岸です。しかも嬉しいことに利用料は無料です。

この木々の向こう側に広い砂浜のある海岸があります。日曜日の午後でしたがたくさんの人達がキャンプテーブルで食事をしたりしていました。ロサンゼルスと違って田舎なので全体的にのんびりした感じです。

ここでさっそく定番の焼きそばを作って食べました。この焼きそばは便利なので好きなのです。キャベツは自宅で切って出ても腐りにくい食材です。また焼きそばセットは小さくて便利です。

キャンピングテーブルの向こう側には青い海が広がっています。

桟橋から見る海岸線

食事が終わったあとは海の先へ突き出している桟橋の一番先まで行って見ました。

桟橋の上から撮った風景です。

桟橋の歩道路の途中でこの近辺に生息する鳥や海の生物の説明書きがあります。

 

野生のゾウアザラシ (Elephant Seal)

上記の海岸の見学が終わったあと車で約10-15程北上した場所にある野生のアザラシが生息する海岸に行きました。位置関係としてはこんな感じです。右上がハーストキャッスル。その下の海岸沿いが先ほどの海沿いの公園。左側がゾウアザラシが生息する海岸です。

駐車場に車を停め、たくさんの人が向かっている先へ行きます。駐車場の写真は撮りませんでした。舗装はされていなくて砂ぼこりが凄かったです。それと野生のリスが観光客からの餌を目当てにうろついていました。餌をやらないでくださいという注意書きを見ました。

この説明書きは駐車場を出てから最初に目に入ったものです。

すると見えてきたのがだらりと寝そべるゾウアザラシたち。

ほとんどは寝そべっているだけで何もしません。たまに場所を移動している個体もいます。

手前のアザラシは皮膚が生え変わっている途中の状態です。遠くからみても皮膚の厚さがありますので手に取ってみるこの皮膚は相当厚いのではなのではないでしょうか。「面の皮が厚い」「アザラシの皮は厚い」関連ジョークを考えてみましたが何も浮かびません。

説明書きを読むと季節によってこの海岸で生息するのはメスやオスの違いや生活周期の違いがあるようです。そしてたまにオス同士で戦っているのを目撃できるようです。

実はここに来るのは二度目です。以前サンフランシスコにドライブしていった帰り道にここにも来ました。しかし写真をあまり撮っていませんでした。そのため記憶もあいまいです。写真は記憶を補強するのに役に立ってとても便利ですね。写真を見れば写真を撮った前後のことまでよく思い出します。

 

帰り道、絶景の海岸

アザラシの海岸にお別れをしてFW101を通り南下をしてゆきます。

FW101はどこまで行っても絶景が続きます。

 

絶景海岸線

しばらくドライブして行くと駐車場が用意されている絶景ポイントがありました。車を停めてまた海岸沿いの舗装もされていない小さな道を歩いてみます。

するとここでもアザラシが寝そべっている場所があります。アザラシを見ることができるのは一か所だけではないようです。こちらは全く宣伝されていないだけなのです。看板も何もありませんでした。

ここには一匹だけで寝そべっているアザラシがいました。ぼっちアザラシです。

この辺り一帯は絶景の海岸線が続きます。

絶景があまりに続くと慣れすぎて感激度が低くなってしまいます。

 

帰りのドライブ

サン・ルイ・オビスポへ南下して行く帰りのドライブは朝見た風景の繰り返しです。

キャンプ禁止という看板があります。カリフォルニア州ではこのように規制が厳しくキャンピング旅行をしている人達にはあまり評判は良くありません。お高くとまっているとか、規則ばかりでイラつくとか、カリフォルニア州だけは他のアメリカと違う世界だとか言うコメントをよく見かけます。

 

サン・ルイ・オビスポの街中

サン・ルイ・オビスポの街中の可愛いお店です。

こちらは牛の絵が描かれています。この辺り一帯は畜産業が盛んだというのはドライブをして牧場や牛をたくさん見たのでとてもよく理解できました。

上の牛の絵の奥の方にある人気アイスクリーム屋さんです。畜産系のお店です。

中央通りの街角。

こちらはサンドイッチやハンバーグの中身を注文して自分流に作ることができるお店です。
なかなか美味しそうです。しかし私の目的はこれではありません。

 

Tri Tip Sandwitch 二回目

昨日長い行列を最初に見かけた Firestone というお店にまたやってきたのです。

昨日別の店で食べた「Tri Tip Sandwitch」がとても美味だったのでもう一つのお店はどうだろうか興味があったのです。比較をするためにやって来ました。

こちらのお店は昨日のお店よりさらに賑やかで人気があるように見えます。

そこで昨日と同じように「Tri Tip Sandwitch」とコールスローを注文しました。比較をするとしたら同じものでないといけません。Tri Tip Sandwitch は 9.25ドル、コールスローは2.99ドルでした。Tri Tip Sandwitch は昨日のお店より50セント安かったです。

しかし開けてみたところ Tri Tip Sandwich は昨日のお店の2‐3割増しぐらいの量がありました。どっしりしています。コールスローの方は倍ぐらいの量。量が多いためなのか Tri Tip Sandwitch は最初から半分に切っています。このぐらいの量があると二人で別の種類のものを注文をして分けて食べるのが良いのではないかと思います。

サンルイオビスポは近くにCal Poly という有名大学があります。学生達にとってはたくさんの量を食べることができるこのお店の方が人気があるのがわかります。お客さんたちも学生らしい人達のグループがたくさんいました。運動をするのが好きで大食いの人達に取ってはとても嬉しいお店だと思います。

このお店の Tri Tip Sandwich の味は美味しかったのですが、私の感想としては最初のお店の方に軍配を上げます。最初のお店の方が味が上品でよく細部まで気が配られているように感じました。Firestone は大量生産で料理をしているという印象を持ちました。

上記のような感想を書きながら Yelp をみてみると大体同じような結果になっています。最初のお店の方の評価が 4.5 で Firestone 4.0 より少し高くなっています。リビューの数はFirestoneが 3230で Old San Luis BBQ Co の639より5倍も多いです。人気度は Firestone の方がはるかに高いようです。

Firestone で食べた Tri Tip Sandwich は私には量が多すぎました。そこで半分だけ食べ残りは明日の昼食にすることにしました。バーベキューソースの小さな入れ物も二つ付いてきましたので一つは持ち帰りにしました。

 

ぶらぶら散歩

その後ぶらぶらと散歩して駐車している私の車のところに戻りました。

上は歩いている途中で見かけた駐車場の壁に貼っていたサインです。「監視カメラが作動していますので笑顔でいてください」しゃれていると思いませんか?嫌味なく無断駐車をするな監視カメラがあるよと注意をしています。

酒屋の入り口に置かれていた海賊の像です。

 

続く: