2022夏 (D10) ラッセン国立公園

Reno からラッセン国立公園へ

この日はネバダ州のレノからカリフォルニア州のレディングに行きます。途中でラッセン国立公園を見たいと思っています。

水の無い湖:Honey Lake

カリフォルニア州へ行く途中ですが、地図上では大きな湖があります。しかしその箇所に来ると湖がありません。その代わりに干上がった白っぽい大地が一面に広がっていました。

休息所がありましたので止まってみます。

説明を読むとこの辺りは巨大な湖があったのだそうです。しかし干上がってしまったのだそうです。人間の活動で干上がったのではなく自然にそうなってしまったようです。

しかしその元湖だった場所は人間が開発している様子はありません。遠くからしか見えませんがもしかしたら雨が降ったら沼地になってしまうのでしょうか?近くで見て見たい気もしますが、今回は時間がないのでこの次にします。

不味いチキンサンドイッチ

Lassen国立公園に行く途中でSusanville という町があります。お昼時間も既にかなり過ぎていたのでここで食事をすることにしました。

丁度目の前に見えたのがKFC。KFCなんて久しく行っていません。

久々にチキンサンドイッチを食べてみたいと思い注文したのですが、、、不味い。

私の味覚が変わってしまったのでしょうか?それともこの店の商品がまずかったのでしょうか?今回の経験に懲りてまた当分行かないと思います。

焼け落ちた森林が延々と続く

Chester という町がレッセン国立公園に一番近い町のようです。しかしこの町に着いた頃からこの写真のような山林の焼け跡がずっと続くようになります。

きっと有名なカリフォルニア州の山火事で焼けたのだろうと思いながらドライブを続けてゆきます。

やっとラッセン国立公園にの入り口に到着です

この入り口で入場券を確認します。

入り口から割と近いところにビジターセンターがありました。せっかくなので立ち寄ってみます。興味のあるのは山火事の事。一体いつ起きた火事なのかしら?

Dixie Fireで公園の森林の40%消失

この国立公園が焼けた山火事は2021年のことでした。昨年の出来事なのです。

火事の始まりが7月13日。公園の火事が始まったのが6月5日。消火したのが10月24日ですからほぼ3か月近く燃え続けたことになります。

そしてなんとこの国立公園の40%もの面積が燃えてしまったそうです。

私が火事のことに話を振ると若いレンジャーの女の子は熱を入れて昨年の出来ごとを話し始めました。確かに自分の職場が火事で40%も消失して行くのを3か月間掛けて経験するのは一生に一度あるかないかの出来事です。彼女でなくても誰にとっても忘れられないような強烈な出来事だと思います。

Miniイエローストーン

ラッセン国立公園は火山性の国立公園です。そのため一説にはミニイエローストーンと言われているそうです。しかし私が見た泥温泉は一か所だけでした。もしかしたら奥まったハイキングコースにはもっとあるかもしれません。でもミニミニな印象でした。

もう一か所の見どころは雪を頂いた山の風景です。6月だというのにまだ雪が残っていました。

火災の後の山の風景

その後は焼け落ちた山林の風景を見ながらドライブ。

レンジャーの人から教えてもらった道を通りレディングの町までドライブしました。レンジャーの人と話をするまでラッセン国立公園の中の道を通ってレディングに近道で行く方法をがあるとは気が付きませんでした。人と話すと良いことがあります。

Planet Fitness が24時間営業ではなかった

Redding のPlanet Fitness には早く着いていたのです。ところが車の中でのんびりと雑用をしていて10過ぎにさてシャワーを浴びようと行ってみると閉まった後でした。でっきり24時間営業だと思い込んでのんびりと行ったのですが、週末は早く閉まるらしい。知らなかった。

がっかりでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする