[青18] 九州一周08:日田(番外編3)

[青春18きっぷ] 九州一周08: 大分
(湯布院、日田、進撃の巨人、花火) 番外編3

今日は18きっぷではなく、レンタカーを借りて日田まで行く予定。理由は数年前TVアニメ「進撃の巨人」の放映がされ、人気爆発した時夢中で見たからです。その作者の出身地が日田市の中の田舎町。市町村合併で今は日田市に含まれていますが、もともとは過疎の町でした。その町で育った作者が梅栽培をしている家族とその地域の人達が作っている梅酒販施設に進撃の巨人の原画がたくさん置かれているのです。日本中の「進撃の巨人」のファンたちが訪れている聖地となっているのです。

もう一つは今まで旅行でレンタカーを借りたことが一度もなったのです。そのためレンタカーで旅行する今後の参考にもしたかったのもあります。数年後はレンタカーを借りて九州一周も良いのではないかと思っています。その予行演習も兼ねています。

別府の無料の朝湯

ユースホステルに泊まっている温泉好きの人達は朝早くから温泉に入りに行くのだそうだ。6時半ごろ頃から起きだして朝食まで2-3の温泉に入るのだそうです。私も見習って7時頃に起きた。そして外に出てすでに営業している温泉は無いかと探しに出る。

すると街を歩いている人に教えてもらったのがここ。

市営の温泉で何と無料です。しかも朝早いのに近所の人達でに賑わっていました。
ただし無料というだけあってとても古くて昔風の生活感にあふれた温泉です。

レンタカーを借りる

温泉で気持ち良くなった後、別府港の近くのレンタカー屋さんに行きました。正式には同宿の車を持っている人が以前に利用したことがあり場所も知っているので連れて行ってくれました。ありがとうございました。本当に感謝しています。

ニコニコレンタカーで借りたのはマツダの軽乗用車。あれ、今見たら黄色プレートではない。
一番安い自動車だったので軽だと思っていたのですが、軽ではなく普通車のようです。

山並みフリーウェイ

山並みフリーウェイを気持ち良くドライブをする。大分県自慢の素敵な道路です。

由布岳。

湯布院平野。

さらにドライブ。

久重町の夢大吊橋。

どうもカメラの設定を間違えたようで、古びた写真風になっていました。

日田へ行く道

さらに日田方面へ進む。この道のりが長かった。

日田市、日田駅の近く。

日田駅。日田焼きそばの店を探すが無い。

ひびきのの里へゆく

日田焼きそばはあきらめて「進撃の巨人」のある「ひびきのの里」へ向かう。もう太陽が沈みかけているじゃあありませんか。

この長々と続く山々が作者が高い壁のようにそそり立って絶望感をもったという故郷の自然?

やっと「ひびきのの里」に着く。驚くほど田舎だ。

進撃の巨人

梅酒販売所の玄関。

手前に映っている青い服の人も「進撃の巨人」のファンだそうです。笑

進撃の巨人のラベルの付いた梅酒。

進撃の巨人のラベルの付いたジュース。これはここだけしか売っていないそうです。

買っちゃいましたよ。笑

日田市に戻る。

日田焼きそば

日田焼きそば屋を探す。しかし無い!

日田焼きそば屋をやっと見つける。

日田焼きそばと餃子を注文する。

日田焼きそばを食べる。

暗くなりかかったので大慌てで高速を使って別府に帰る。
8時までに車を返さなければならない。

別府市内に着いたら目の前に先ほど食べた焼きそばのチェーン店があった。
ひどくがっかりした。

別府の花火、二回目

ユースホステルに行くとまた今夜も花火に連れいて行ってくれるという。

その後昨夜と同じようにお勧めの温泉に連れて行ってもらい。
その後温泉談義を夜遅くまでした。

続き:  [青春18きっぷ] 九州一周09:大分–宮崎

にほんブログ村 キャンピングカー
にほんブログ村 車中泊の旅
にほんブログ村 アメリカ情報
一人旅ランキング
車中泊ランキング
アメリカ旅行ランキング
海外ニュースランキング
トレンドニュースランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする