[青18] 九州一周01:宮崎–鹿児島

[青春18きっぷ] 九州一周01: 宮崎 — 鹿児島
(霧島神宮、桜島、鹿児島市)

「青春18きっぷ」というのは名前だけは聞いたことがあるのですが、最近までその実態は知りませんでした。時間はあるが金がない学生向けの鉄道切符で春休み、夏休み、冬休みの期間に販売、使用をされている5枚つづりの切符です。一応学生向けとはなっていますが、年齢制限なし。一人で使用しなくても5人の友達と一緒に利用することもできます。ただし乗れるのは普通列車と急行だけです。値段は11850円ですので一日当たり2370円以上の運賃の区間乗ればこの切符を買った価値があります。
https://ja.wikipedia.org/wiki/青春18きっぷ

今回これを使って九州一周旅行をすることにしました。理由は青春18きっぷで九州一周を体験してみたかったこと。桜島に上陸してみたかったこと。一口城主で城を復元した後震災にあった熊本城を見たかった事。佐世保バーガーを食してみたかった事。ハウステンボスがどれぐらい本格的にオランダ的か知りたかった事、ハウステンボス歌劇団を見たかった事。吉野ケ里遺跡を見たかった事。福岡で大衆演劇を見たかった事などです。安くしたいと言いつつこれだけ旅行すれば宿泊費がかかるのはわかっていました。

何はともあれ九州旅行といえば西日本以外の人達にとってはやはり遠い場所です。東日本の人達は縁が無ければあえて九州旅行する人達はいないでしょうね。そんな人達にこんなことができるんだよという実例を紹介したいというのもあります。私の旅行例を参考にしてぜひ九州一周旅行をしてもらいたいです。

いざ宮崎駅を出発

8時47分発の都城行きに乗ります。

JR九州の普通列車の車内。背もたれを押すと椅子の向きを簡単に変えられます。

10時24分 都城駅に着く。20数分の自由時間があったので駅の外から遠景写真を撮る。

霧島神宮

11時03分 霧島神宮駅に着く。

驚いたことに駅の前は住宅以外何もない。

霧島神宮行のバスも40分間ぐらい待たなければならない。駅の名前が「霧島神宮駅」という割には何も無い。駅員さんに聞くとタクシーを使うと2000円近くかかるらしい。そこで同じく駅に降り立った人にタクシーを一緒に利用して料金を折半するというアイデアはどうかと提案をすると受け入れてくれた。一緒にタクシーで霧島神宮の入り口の鳥居まで行った。料金は1700円だった。折半で一人850円でした。

霧島神宮の参道。

霧島神宮。割とこじんまりした神宮だった。

これだけで帰るのはもったいないので背後の森の中を散策。

背後の森林。

霧島神宮七不思議の一つ、御手洗川。しかし見るのは一か所からだったのであっけない。

しかし写真に撮るにはきれいな風景です。

Kirishima Jingu

境内に君が代で歌われている「さざれ石」があった。物理の法則に反するのではないかといつも思っていたのだが、実際小石が大きくなる現象が観測できる地域が関東にあるらしい。この看板を見ていたらそばを通りがかったその土地出身者の人が熱心に説明をしてくれた。新しい知識を得た。

Sazare Ishi Kirishima Jingu

帰りはバスを利用して霧島神宮駅に帰った。

Kirishima Jingu Station

駅の案内板の絵が手書きの油絵でなかなか素敵です。

Kirishima Jingu Station

駅のプラットホーム。人のいない田舎のプラットホームは趣があって良い。

Kirishima Jingu Station

桜島

鹿児島行きの列車に乗っていると桜島が見えてきた。左側の座席がお勧めです。

Sakura Jima

15時9分 鹿児島駅に着く。これは駅前の市電乗り場。

桜島行のフェリー乗り場は鹿児島駅から歩いて10分程の便利な場所にあります。
料金は160円。

時間は15分程で桜島に着きます。

船着き場から歩いて15分程のユースホステルにまずはチェックイン。ユースは旅行者が少ないのか一人部屋でした。料金は2720円。これはユースの近くの神社。

時間があまりないので荷物を置いてすぐ外に出て海岸の公園に行く。ネットで調べていた足湯が無い。

Sakura Jima

公園を歩く。これは溶岩が固まったもの?

Sakura Jima

船着き場に行って鹿児島市内へ向かう。夕陽が美しい。

Sunset

鹿児島市内

鹿児島市内に着いた後鹿児島駅から鹿児島中央駅へ市電に乗って行く。鹿児島駅周辺は古い町並み、新幹線が停まる鹿児島中央駅は近代的な新市街という位置づけらしい。この二つの駅の間に鹿児島市の重要なものがまとまってあるようだ。

鹿児島中央駅のすぐ近くの「かごっまふるさと屋台村」に行く。新幹線ができた後作られたグルメ商店街らしい。地元事情が分かりにくい旅行者にとっては便利ですね。必死で調べたり歩き回る必要が無い。

Kagoshima

ラーメンと餃子を食す。950円

Kagoshima Ramen

ゆっくり食事をした後市電に乗って鹿児島駅方面に向かう。市電は趣があって好き。

Kagoshima City Train

ユースが配管工事中で風呂場が利用できないので鹿児島市内の温泉を探す。フェリー乗り場近くのお店の人が薦めてくれたくれた温泉がここ。5種類の湯船とサウナがあってわずか390円でした。

Kagoshima Bath House

温泉から二ブロック程しか離れていないフェリー乗り場へ行き、フェリーで桜島へ戻る。

Kagoshima Sakurajima Ferry

鹿児島旅行と言いつつ何もできていない。鈍行で旅行して時間がとられるのがネック。
しかし切符を買ったので今更計画を変えるのは嫌だし、最初の予定どおり計画を遂行するのみ。

続き:[青春18きっぷ] 九州一周02:鹿児島–熊本

にほんブログ村 キャンピングカー
にほんブログ村 車中泊の旅
にほんブログ村 アメリカ情報
一人旅ランキング
車中泊ランキング
アメリカ旅行ランキング
海外ニュースランキング
トレンドニュースランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする